トップページ > 分類でさがす > 震災・復興関連情報 > 生活に関する情報 > 生活・支援情報 > 高校生の通学費支援について

高校生の通学費支援について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年5月12日更新

県では、サテライト校への通学や県内の他の地域に転学する生徒等の負担を軽減するため、下記のとおり通学バスの運行や経費の支援を行います。

(1)県内各地のサテライト高校に通学する生徒及び被災により県内の他の高校へ転学した生徒の支援

  • 生徒が公共交通機関などを利用して通学する場合、その経費を支援いたします。
  • 支援額は1ヶ月当たり30,000円を限度といたします。

(2)相馬市内のサテライト高校に通学する生徒への支援

  • 支援対象
    原町高校、相馬農業高校、小高商業高校及び小高工業高校の生徒
  • 支援内容
    スクールバスの運行(原町高校 ⇔ 相馬高校、原町高校 ⇔ 相馬東高校)

(3)その他の生徒への支援
(1) 相馬高校、相馬東高校、新地高校、相馬養護学校の生徒への支援

  • JR常磐線が運休しているため、原ノ町駅から相馬駅間でスクールバスを運行いたします。
  • ただし、震災前に負担していたJRの運賃と同額の自己負担をしていただきます。

(2) 湯本高校、磐城農業高校の生徒への支援

  • 震災により校舎を使用できなくなった湯本高校はいわき明星大学、磐城農業高校は勿来高校で授業を行いますが、当該施設に通学する生徒の負担が新たに発生する場合や負担額が増加する場合には、新たに発生した額又は増加する額について県が支援いたします。
  • 支援額は1ヶ月当たり30,000円を限度といたします。

(3) それ以外の生徒への支援

  • 原発事故により県内で住居を変更し、今までと同じ県立高校へ通学するため、その経路や手段を変更して通学することになり、負担が増加する場合には、増加する額について県が支援いたします。
  • 支援額は1ヶ月当たり30,000円を限度といたします。

(4)実施年月日
 平成23年5月9日から適用します。なお、5月8日以前に要した経費については支援の対象にはなりません。

【お問い合わせ先】
福島県教育庁財務課 024-521-7783

〈参考〉あしなが育英会奨学金について
あしなが育英会では、東日本大地震・津波で親を失った0歳から大学院生までに「特別一時金」を支給します(返済不要)

  • 対象者
    東日本大地震・津波で保護者が死亡、行方不明または著しい後遺障がいを負った家庭の子ども
  • 一時金の給付金額
    未就学児:10万円 小中学生:20万円
    高校生、進学準備生:30万円 大学・専門学校・大学院生:40万円
  • 申込期限
    平成24年3月10日(平成23年度限定)

【お問い合わせ先】
あしなが育英会 0120-77-8565、(03)3221-0888
あしなが育英会ホームページ