トップページ > 分類でさがす > 村政情報 > 村の紹介 > 自然・文化 > 県立公園 五十人山

県立公園 五十人山

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年4月25日更新

現在、立ち入りできません。

葛尾村と田村市都路町にまたがる五十人山(ごじゅうにんやま)は標高883m。名前の由来は坂上田村麿呂が山頂の大石に家来50人を座らせて蝦夷征伐の戦略を練ったことからいわれています。

県立公園五十人山の写真(1)

 今もその大石が残る山頂は約1ヘクタールにわたる広大な芝地。真っ赤な山ツツジや可憐なすずらんが群生し、空の青や森の緑と鮮やかなコントラストを見せてくれます。

県立公園五十人山の写真(2) 

県立公園五十人山の写真(3)

県立公園五十人山の写真(4)

 吾妻連峰から太平洋までもが見渡せる眺望はすばらしく、阿武隈高原中部県立自然公園にも指定されています。
 毎年5月20日過ぎの日曜日に山開きが行われ、初夏の青空の下で「すずらんコンテスト」などのイベントが開かれます。たくさんのグループが山頂にお弁当をひろげて楽しい一日を過ごします。

五十人山登山マップはこちら[PDFファイル/428KB]
五十人山登山マップの画像

地図情報はこちら

地図の読み込みに関する問題が発生したとき

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。