トップページ > 分類でさがす > 震災・復興関連情報 > 震災・復興に関する情報 > 避難情報 > 葛尾村・浪江町における帰還困難区域一時立入り(通行)共同運用について

葛尾村・浪江町における帰還困難区域一時立入り(通行)共同運用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月21日更新

 このたび、浪江町との協議の結果、平成28年2月1日より両町村で定める帰還困難区域の一時立入り(通行)の運用を共同で実施することとなりましたのでお知らせします。

概要

 共同運用の実施に伴い、県道50号線の葛尾村・浪江町境に設置していたバリケードを常時開放するとともに、県道49号原浪トンネル南側に有人ゲートを新たに設置します(詳細はこちら [PDFファイル/2.38MB])。
 これにより葛尾村では、通勤・通院等の理由による村民の方が、4つの有人ゲート(野行ゲートに加え、水境ゲー ト・ 室原ゲート・原浪トンネル南側ゲート)から立入りを行い、帰還困難区域を通行することが可能となります。
  また、帰還困難区域内で公益事業を実施する事業者も上記4つの有人ゲートからの立入りが可能になります。

運用開始日

 平成28年2月1日

立入り可能時間

 午前6時~午後7時

通行証の発行

 上記ゲートの通過を行うためには、「浪江町通行証(葛尾村発行)」が必要となりますので、帰還困難区域内を通行する際は、葛尾村役場住民生活課住民生活係(TEL:0240-29-2111)への申請をお願いします。

注意事項

 〇上記ゲート以外からの帰還困難区域への立入りはできません。

 〇各ゲートでは、通行証の確認を行います。また、同乗者全員の身分証を確認させていただきます。

 〇本共同運用により葛尾村役場にて通行証の発行が可能な方は、葛尾村民及び葛尾村の帰還困難区域内で公益事業 
 を実施する事業者のみとなります。

 〇今回の運用は、帰還困難区域内の通行が可能になったもので、車から外へ出ての作業等は認められていません。

 〇現在、帰還困難区域内での作業等のために発行している「葛尾村通行証」では、野行ゲート以外の通過はできません 
 ので、 「葛尾村通行証」をお持ちの方も、水境ゲー ト・ 室原ゲート・原浪トンネル南側ゲートの通過を希望される場合
 は、別途「浪江町通行証(葛尾村発行)」の申請をお願いします。

 

申請書類

浪江町通行証(葛尾村発行)申請書 [Wordファイル/39KB](住民申請用)

※公益事業者の方はこちらのページから申請書をダウンロードしてください。

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。