トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険・後期高齢者医療保険・介護保険の一部負担金免除措置について

国民健康保険・後期高齢者医療保険・介護保険の一部負担金免除措置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月17日更新

国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入されている方の一部負担金免除措置について

 国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入されている方の一部負担金免除措置については、次のとおり期間が延長されました。(柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の施術費、治療用装具等の自己負担額の免除は、平成24年2月29日分までで終了)
  (1)帰還困難区域の方   :平成29年3月1日~平成30年2月28日
  (2)帰還困難区域以外の方:平成29年3月1日~平成29年9月30日(注1)
    (注1)帰還困難区域以外の方の同年10月1日以降の免除については所得等により異なります。
       ●上位所得層(注2)の方   :免除対象外となります。
       ●上位所得層(注2)以外の方:平成29年10月1日から平成30年2月28日までの免除証明書を改めて交付します。
    (注2)世帯に属する被保険者の基礎控除後の総所得金額等を合算した額が600万円を超える世帯

 「一部負担金等免除証明書」を避難先情報の住所をもとに郵送しましたので、受診の際は医療機関等窓口に保険証と一緒に提示してください。

 震災以降に医療機関等に受診し、一部負担金等を支払った場合は、支払った一部負担金等が還付される場合がありますので、領収書と印鑑を持参のうえ、葛尾村役場住民生活課に申請してください。
 ※受診の日から2年を過ぎたものは時効となり、申請することができませんのでご注意ください。

 震災発生後に他市町村に転出し、国民健康保険・後期高齢者医療保険に加入している方は、一部負担金免除証明書等の手続きについて現在お住まいの市町村にご確認ください。

 社会保険等に加入の方は、加入中の保険者へご確認ください。 

 入院時食事療養費および入院時生活療養費にかかる自己負担分の免除は、平成24年2月29日で終了となっております。
 国民健康保険に加入の方が入院される場合は、葛尾村役場住民生活課までお問い合わせください。該当する場合は、標準負担額限度額認定証等の交付の手続きを行います。 

介護保険による介護サービスの利用者負担の免除措置について

 介護保険による介護サービスの利用者負担の免除措置についても、次のとおり期間が延長されました。
  (1)帰還困難区域の方   :平成29年3月1日~平成30年2月28日
  (2)帰還困難区域以外の方:平成29年3月1日~平成29年9月30日(注1)
    (注1)帰還困難区域以外の方の同年10月1日以降の免除については所得等により異なります。
       ●上位所得層(注2)の方   :免除対象外となります。
       ●上位所得層(注2)以外の方:平成29年10月1日から平成30年2月28日までの免除証明書を改めて交付します。
    (注2)総所得金額が633万円を超える被保険者

 今年度から「利用者負担免除証明書」を発行し、避難先情報の住所をもとに郵送しましたので、各事業所に提示してください。

 震災以降に介護サービスを利用し、利用者負担分を支払った場合は、支払った利用者負担が還付される場合がありますので、領収書と印鑑を持参のうえ、葛尾村役場住民生活課に申請してください。
 ※受診の日から2年を過ぎたものは時効となり、申請することができませんのでご注意ください。

 震災発生後に他市町村に転出し、介護保険に加入している方は、利用者負担免除証明書等の手続きについて現在お住まいの市町村にご確認ください。