トップページ > 分類でさがす > 震災・復興関連情報 > 生活に関する情報 > 生活・支援情報 > 郵便物の転送サービスについて

郵便物の転送サービスについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月13日更新

 旧住所あての郵便物の転送サービスは、郵便局へ転居届を出してから「1年間」です。

継続して郵便物の転送を希望される方や避難先住所が変更になった方は、再度、お近くの郵便局の窓口に転居届をご提出いただくことで、県民健康管理調査や損害賠償に関する大切な郵便物が引き続き受け取れます。

 なお、転居届の提出の際は、ご本人確認のため、運転免許証、各種健康保険証などが必要となります。 

 また、旧住所の記載内容の確認のため、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードといった、官公庁が発行した住所の記載があるものも必要となりますので、忘れずにお持ちください。

 詳しくは、こちら(「転居・転送サービス」(日本郵便ホームページ))をご覧ください。